Kazz's FieldNote

野帳 〔2014年06月17日(火) の鳥見のーと〕

<< 05/21 05/25 05/29 06/06 06/08 06/10 06/14 06/17 06/18 06/19 06/23 06/26 07/07 07/08 07/09 >>
elapsed bar elapsed=459.60 msec
Validation icon Another html lint
このサイトはいかなる特定のブラウザの実装も推奨しません。 しかし、w3c (X)HTML規格には比較的忠実です。
*2014年06月
**06月17日
八戸の潮位グラフ 2014/06/17
本日の潮位表
鹿角の気象グラフ 2014/06/17
amedas
潮位と気象のデータは気象庁発表のものをgnuplotでグラフ化しています。データの著作権者は気象庁です。
東日本の雨雲レーダー画像を見ると、秋田県内陸北部(ようするにうちの周囲)だけ濃い雨雲が何度も通過していきます。森吉山あたりで発生し、花輪盆地を通って二戸へ抜けるという繰り返しです。
津軽海峡付近に小さな低気圧が停滞したときによくあるパターンでしょうか。
一瞬晴れ間が見えたと思うと突然驟雨。そして雷鳴。

鹿角市花輪荒屋敷(庭)

01.コムクドリ [Sturnus philippensis]

巣立ちが始まりました。親鳥は餌を獲ってきてもすぐには巣箱の雛に持っていかず、数m離れたところで呼んで巣立ちを促しています。しかし、なかなか雛は巣を離れません。
今日は最低でも1羽は巣立ったようです。
巣立った雛はすぐに巣箱から離れた場所、少し離れたヒバやスギの木の混んだ枝に親が誘導しているようで、なかなか姿は確認できませんが、その周囲で雄親が警戒しているのでだいたいの場所が想定されます。
主に雌親が巣立ちを促し、巣立った雛は雄親が外敵から守る、という役割分担のようです。
コムクドリの写真 コムクドリの写真 コムクドリの写真 コムクドリの写真 コムクドリの写真 コムクドリの写真



<< 05/21 05/25 05/29 06/06 06/08 06/10 06/14 06/17 06/18 06/19 06/23 06/26 07/07 07/08 07/09 >>