Kazz's FieldNote

野帳 〔2009年12月18日(金) の鳥見のーと〕

<< 11/22 11/28 12/06 12/10 12/12 12/13 12/17 12/18 12/19 12/23 12/24 12/27 12/31 01/01 01/02 >>
elapsed bar elapsed=480.89 msec
Validation icon Another html lint
このサイトはいかなる特定のブラウザの実装も推奨しません。 しかし、w3c (X)HTML規格には比較的忠実です。
*2009年12月
**12月18日
東京の潮位グラフ 2009/12/18
本日の潮位表
江戸川臨海の気象グラフ 2009/12/18
amedas
潮位と気象のデータは気象庁発表のものをgnuplotでグラフ化しています。データの著作権者は気象庁です。
ラインセンサス風にカウントしながら荒川河口まで下ってみました。
途中、ヨーロッパトウネンのところで撮影のためだいぶ時間を消費しています。

清砂大橋東詰緑地 14:35〜

清砂大橋 14:40〜中川左岸〜15:30 新左近川水門

12.ヨーロッパトウネン [Calidris minuta] (1)

トウネンに混じらず単独だと比較対象がなくて自信が持てないのですが、見た目の雰囲気、初列風切や脚の長さで、やっぱりヨーロッパトウネンのように思います。
左肢が不自由なようです。
じつは、今年の春2009/03/18にもこの付近(荒川河口から2.5kmの清砂大橋下流)で脚を怪我しているトウネンを見て「トウネン(ヨーロッパトウネンのような?)」と記録していました。
同じ場所で2009/04/04に見たのもたぶん同一。
(12/23追記)ほぼ同じ場所で2009/05/10に見たのも、写真を確認したら同じ個体のようです。
その後、葛西臨海公園のなぎさ等でも「肢を怪我したヨーロッパトウネンが1羽」を度々見聞きしていますので、同一個体の可能性が大きいです。
結局、この個体は渡りをせずに葛西周辺で越夏したのでしょうか?興味あります。
ヨーロッパトウネンの写真 ヨーロッパトウネンの写真 ヨーロッパトウネンの写真 ヨーロッパトウネンの写真 ヨーロッパトウネンの写真
左肢が使えていないのが分かります。葛西臨海で観察された個体と同じかどうか、どなたか判定できませんか?
ヨーロッパトウネンの写真 ヨーロッパトウネンの写真

新左近川水門 15:35〜荒川左岸〜15:50 荒川河口

葛西臨海公芦ヶ池 15:55〜中の沢〜芝生広場 〜16:20




<< 11/22 11/28 12/06 12/10 12/12 12/13 12/17 12/18 12/19 12/23 12/24 12/27 12/31 01/01 01/02 >>